【作業効率を上げよう】消し込み作業は専用ソフトを導入しよう

社内での情報活性化方法

男女

社内でもSNSを利用する

企業では報告などをメールで実施することが多くなってきていますが、重要なメールが多くのメールの中に埋もれてしまい、その反応が遅くなるという問題があります。こういった問題を回避する方法として、社内SNSを構築する企業が増えてきていますが、このツールの活用においても、十分に準備が必要です。準備というのは、社内SNSをどの部門がどのような目的で、社内の他の部門などと情報を共有したいかということを、はっきりさせるということです。この目的をはっきりさせるということは、会社によっては今までのコミュニケーション方法を、変更する必要になることも考えられます。そして社内SNS導入後の成果をはっきりわかる仕組みを、きちんと準備して従業員の方に見えるようにすることも重要です。こういったことを準備し仕組みをつくることで、社内SNSが従業員の中で自然と使われていくようになるのです。実際に社内SNSを導入する場合には、多くの製品が販売されており、クラウド対応や通常のサーバ形式のものなど、幅広くあります。その中で自社の状況、特にコンプライアンスやセキュリティの既定事項などに照らし合わせて、より適したものを導入すると良いです。またこれらの社内SNSは、社内で利用されているSFAやCRMといったツールと連携するものもあり、入力された情報の価値を高めることも可能です。このように社内SNSは、はっきりとした目的を定めて、導入効果を計るような仕組みなどと一緒に導入することで、成功する可能性が高くなるのです。