【作業効率を上げよう】消し込み作業は専用ソフトを導入しよう

円滑な会計処理

女の人

正しい運用で適切な処理

経理処理をスムーズにするツールとして利用されているのが会計ソフトです。会計ソフトをプログラムごと購入するパッケージ型、外部サーバーのシステムを利用するクラウド型の2種類が、初心者にも使いやすく簡単に導入できるために普及しています。市販されている会計ソフトには、はじめから一般的に使用されている勘定科目が登録されています。しかし全ての勘定科目を使用するとは限りません。会社の組織に応じた独自の勘定科目が必要になることもあります。集計に使用する勘定科目は会社の実情に応じて設定するのです。どの勘定科目を使用するのか判断に迷う場合は顧問税理士に相談すると良いでしょう。他にも会計ソフトに登録する情報はあります。会社名、決算月、消費税の計算方法などが重要な項目です。初期設定が終わったら仕訳データを入力していきます。ひと月分のデータを入力したら、月次決算書を印刷し、正しく集計されているかチェックします。会計ソフトによっては勤怠システムや銀行振込のデータを読み込む機能があります。これらの機能を利用する場合は過不足なくデータが転送されているかも確認しておきます。見落としがちなのが会計ソフトの運用方法です。いつまでに誰がどこまで入力するのかを決めておかないと、伝票の二重計上が起こる可能性が高くなります。また会計データに誰でもアクセスできてしまうのは情報管理の観点から好ましくありません。社内ルールを決めて運用するようにしましょう。