【作業効率を上げよう】消し込み作業は専用ソフトを導入しよう

女の人

円滑な会計処理

会計ソフトを使用する前には勘定科目、消費税の計算方法などの設定を行います。ひと月分の会計データを入力したら、過不足なく集計されるかチェックしましょう。また会計ソフトの運用ルールを決めておくことも情報管理の面で必要です。

代金の事務処理

女性

消し込みは、債権と債務を照らし合わせながら残高を無くしていく作業のことを言う。企業においては買掛や売掛で売買を行うことが多く、それらの残代金を消し込みしていくという作業になる。企業では、商品を販売する際、商品を先に渡し、代金は後で回収する売掛という形で販売するケースが多い。特にまとまった取引を行っている業者間では、売買ごとに代金回収することは非効率である為、一定の決済日にまとめて代金の回収を行うということがされる。また、購入する際も後で代金を支払う買掛が行われる。この際、同じ取引先との売買では買掛金と売掛金を相殺し、過不足分のみを入金や出金ということが行われる。これらの消し込み作業については、取引先ごとに行う必要があり、規模の大きな企業などでは売買も膨大に行われているため消し込み作業も膨大な作業となる。その為、通常はシステムを導入し消し込み作業が行われるのが一般的である。売掛や買掛で売買を行った記録をシステムに蓄積しておき、また入出金の情報と連携することで、売買代金の残高状況を確認できる。通常は決済を行った直後では、債権と債務がゼロの状態になっている必要がある。債権や債務が残っている状態の場合には、代金の支払いを行なったり、回収できていない場合には催促を行うなどの措置が取られる。企業において売買による代金支払いと回収は最も重要な処理になるため、正確に行うことが消し込み作業では求められる。

パソコンを操作する人

経理なら使えるようにする

小規模な会社でも最近は会計システムを導入するところが増えてきています。こうすれば、給与計算などがとても楽になるからです。社員数が多いところほど、導入すると、各人の給与計算を自動的にできるので、業務がスムーズになります。

男女

社内での情報活性化方法

新しい社内のコミュニケーション手段として、社内SNSを注目する企業が多くあり、そのサービスを提供する業者もまた多くの実績をあげています。社内SNS導入を成功させるためには、導入目的をはっきりさせ、そして導入後の効果をきちんと測定することが大切なのです。